倉敷 一会

倉敷 一会

格別の味、静かな空間という楽しみ

修業先の京都をはじめ、素晴らしい料理人の師たちに巡りあえました。そこで身に付けた料理のいろは、そして料理人としての基礎。それらを活かしつつ、「倉敷 一会」のお料理は、京料理の枠にとらわれない美味しさをお客様に。

歴史ある町、倉敷の豊かな食材たちと向き合い、それらへのひと手間、ひと工夫を惜しむ ことなく仕上げた、一品一品です。料理の「味付け」だけではなく、召し上がられた方が感じる「味わい」を大切にした本格的な日本料理。おいしい料理を、落ち着いた空間で 「味わう」という楽しみをご提供してまいります。

調理風景
店主 秋山 隼人

店主 秋山 隼人

1982年、倉敷市生まれ。辻調理師専門学校を卒業後、京都の老舗料亭「京料理 木乃婦」を皮切りに、「てら川」など京都をはじめとする日本料理店で修業。

2012年、地元・倉敷で「倉敷 一会」をオープン。